自分から請求しないともらえない年金

60歳(それがしの場合61歳)に到達すると、年金がもらえます。

※受給のためには25年以上の加入期間が必要。(平成29年4月から10年に短縮されました)

※小生の場合、正確には『特別支給の老齢厚生年金』と言い、国民年金の受給資格を満たし、

なおかつ厚生年金の被保険者期間が1年以上ある場合。という制約があります。

但し、あたり前のコトなんでしょうが、

自動的に口座に振り込まれる・・・なんてことは 一切ありません!

自分から請求しないと1円も入ってきません。

ただ、請求の為の書類は年金機構から郵送されて来ます。

(おおよそ誕生日の3ヶ月前ぐらい)

しかし、この請求書が簡単なようで、頭をひねるような厄介ものでした。

 

以下 ご参考になれば幸いですが、小生が、実際に請求したときのモノです。

(当然ながら個人情報に関する部分は赤枠で消しております)

EPS008

↑ ゆうちょ銀行の場合 記号と番号でした。

なお通帳またはキャッシュカードの写し(コピー)を添付の場合、証明印は不要。

EPSON009

↑このページは最初から印字され送られて来ます。記入漏れや

間違いがなければそのまま。

EPSON010

EPSON011

↑配偶者についての記入です。

EPSON012

↑ 直筆で署名します。印鑑も忘れず。

 

EPSON013

↑ この住民票コードと言うのが、厄介でした。マイナンバーとは違います。

市役所(区役所)の窓口で、住民票を請求時に 「住民票コードをお願いします。」と請求しましょう。

EPSON014

↑ これでようやく完了です。ふー

ちなみに ↑子供の欄を埋めましたが、18以上の場合は記入不要でした。

(−_−;) と言うか、請求しても加給されません

2016/05/05以下修正。

年金の加給には関係ありませんが、源泉徴収税額の計算に関係あります。

(源泉徴収等が不要な国民年金のみ、な方は不要)

言うまでもなく、扶養対象な子供(無職、低収入)を持つ親の

ささやかな特権と言うべきか、哀愁と言うべきか。。。。(−_−;)

 

あと、↑の請求書以外に、次の書類が必要ですが

  1. 戸籍謄本あるいは抄本
  2. 住民票(世帯全員の記載があるもの)
  3. 預貯金通帳(本人の名義と番号などが確認できる箇所のコピーで可)
  4. 配偶者の非課税証明書(もちろん非課税に該当する配偶者が居る場合)
  5. 雇用保険被保険者証

※5について 小生の場合持っておらず(勤務先で預かってる場合が多い)

申請窓口で冷や汗が出ました。

たまたま 「高年齢雇用継続給付のお知らせ」が鞄にあり、

年金事務所窓口の方(今思えば親切な女性)がコピーにて対応。

難なく事なきを得ることが出来ました。

 

最後に肝心な注意点、

↑の住民票の日付は 誕生日(あるいは前日)以後の事です。

 

上記申請書類は 冒頭にも書きましたが、誕生日の3ヶ月前に届きます。

けれど 年金事務所へ、提出できるのは 誕生日以後。

要するに 確実に誕生日を迎えたかどうか、国としては確認したいのです。

(と思う)

 

しかしまあ、もっと簡素化できないものか。

小生、大声を上げたい。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメント