まずまずだったamazon販売

たしか、昨年2017年の正月だったから、ちょうど1年が経過。

増え続ける本の山。減る一方の小遣い。

で、まずは、チャリの荷台に(まぁ今後読まないだろう本をかき集め積み込み)

目指すはブックオフ!

で、ションボリと帰宅。

 

ってな今までの敗戦パターンをなんとかしたい。。。

そんな時、ふと目についたのが よそ様のブログ。『amazonで売る』

 

正月休みで、持て余し気味の とある日 さっそくチャレンジしたのだった。

 

昨年 1年間の結果から言いますと

39点、出品で なんと 37点の売り上げ!!

いやはや、この集客力 半端ない っていう感じです。

売り上げ:4万4千円。

自分としては、まずまず満足な結果です。なにせ断捨離目的な在庫整理でしたから。

手数料 :約2万円。場所代として、売り上げからamazonに差し引かれる金額。売り上げの半分近く、搾取されます。

自分の場合、途中からFBAに切り替え(amazonから配送)た故に、運賃分が高くついたと思う。

FBAシステムについては、意見の別れるところですが、販売実績のない新参者としては、お勧めします。

 

最近、メルカリ出品なども脚光を浴びてますが、オヤジ世代としては、どうもあのスマホ指タッチが苦手。

で、比較的簡単な amazon出品の方法、基礎部分を教えちゃいましょう。

 

まずは

amazon サイトに。

amazonのトップページ上部、小さくAmazonで売る この部分をクリック

すると下の 出品登録ページが出ます。

『今すぐ登録』をクリック

出品用アカウント登録ページに行きます。

※普段のご利用アカウントを持ってられる場合 IDやパスワードは共通です。

出品サービス登録で、大口 あるいは小口 の選択肢がありますが、

とりあえずは 小口で。

※大口の場合、売れても売れなくても 月額4900円必要です。

ここで、銀行口座とか、入力する必要があるので、用意しておきましょう。

さて、出品用アカウントが無事取れたなら、

さあ いよいよ手持ちの物を出品です。

※ 小口の場合、固定費はゼロですが、既にamazonページで販売されているモノに限る

との制約があります。

で、売りたいモノ検索

下の方に

 

この商品をお持ちですか? の下に マーケットプレイスに出品する

があると思います。躊躇することなくクリック。

すると

また サインインページ が出る場合もあります。

 

何時ものアドレスやら、パスワードを入力。

ようやく

出品のためのページに。

コンデション ▼をクリックで 各選択肢が出現

とりあえずは 中古 良いに

(あとで修正効きます)

次、売りたい価格を入力。

ちなみに ¥71 てのが 現状の最低価格。これ以下でもこれ以上の価格

それは自由なのです。

 

↑ 配送オプション

儲けを優先するなら、自分で発送 をお勧めします。もちろん梱包、発送 の手間が必要です。

 

まあ、ざっと こんな感じで、あっと言う間(一冊あたり、慣れるまで10分、慣れたら3分)の出品です。

 

 

 

 

Follow me!

コメント